FORWARDING

私たち阪神ロジテックは今まで蓄積したノウハウを基に あらゆる業種のお客様のご要望に迅速かつ効率的な輸送手段を用い あらゆる業種のお客様のご要望にお応えします。 また、国際複合一貫サービス提供の強化のため、2004年11月にJIFFAに加盟し、自社BLの発行を行っております。

航空輸送航空輸送

海上輸送海上輸送

国内配送、貨物引取、輸送品梱包・保税倉庫での保管・通関・CY搬入、CFS搬入などあらゆる海上港湾運送業務でのご要望にお応えすると共にdoor to doorの一貫輸送や、中国・東南アジアを中心とした主要国と日本間または三国間の貨物を安全かつスピーディー、または効率的に目的地までお届け致します。

1.スタンダード

ブッキングから国内配送まで、物流情報共有システムを通してお客様にリアルタイムに貨物情報を提供できます。

1.スタンダード

2.Buyers Consolidation

複数の輸出者様から貨物を輸入されるお客様には、目で見える物流情報共有システムと集約型物流の組み合わせにより、更なる物流コストの大幅な削減が可能です。

2.集約型(バイヤーズコンソリ)

3.Track & Sea

中国国内におけるトラック輸送または東南アジアにおけるクロスボーダーサービスと海上輸送を組み合わせることにより、輸送日数の短縮が可能です。

3.複合型(トラックとフェリーの組み合わせ)

輸出フロー

FCL ( Full Container Load )

PROCESS 1

コンテナにて貨物を集荷後、CYに搬入

お客様にご指示を頂いた工場などへ空コンテナで伺い、お客様によるコンテナへの積み込み完了後、出港地のコンテナヤード(CY)へ向かいます。貨物はその後、コンテナヤードへ搬入され、コンテナヤードにて搬入確認が行われます。

コンテナにて貨物を集荷後、CYに搬入
コンテナにて貨物を集荷後、CYに搬入

PROCESS 2

輸出申告

コンテナヤード(CY)に搬入された貨物は、Naccsというシステムに情報入力され、輸出申告を行います。
輸出申告後、申告内容に問題がなければ輸出許可となります。税関検査になった場合、書類審査、現品検査が行われます。(検査になった場合、検査にならなかった場合と比べ輸出許可まで約1日多くの日程を要します。)

2日目 輸出申告
輸出申告

PROCESS 3

本船出航

本船にコンテナが積み込まれ目的地に向け出港します。

3日目 本船出航

LCL ( Less than Container Load )

PROCESS 1

トラックにて貨物を集荷後、CFSに搬入

お客様にご指示を頂いた工場などへトラックで伺い、出港地のコンテナフレイトステイション(CFS)に搬入され、お客さまよりご指示頂いた書類のケースマークを基に搬入確認が行われます。

トラックにて貨物を集荷後、CFSに搬入
トラックにて貨物を集荷後、CFSに搬入

PROCESS 4

輸出申告→輸出通関許可

コンテナフレイトステイション(CFS)に搬入された貨物は、Naccsというシステムに情報入力され、輸出申告を行います。
輸出申告後、申告内容に問題がなければ輸出許可となります。税関検査になった場合、書類審査、現品検査が行われます。(検査になった場合、検査にならなかった場合と比べ輸出許可まで約1日多くの日程を要します。)

2日目 輸出申告→輸出通関許可
輸出申告→輸出通関許可

PROCESS 3

バンニング

輸出許可となった貨物は他のお客様の貨物と共にコンテナに積み込まれます。

3日目 バンニング

PROCESS 4

本船出航

本船にコンテナが積み込まれ目的地に向け出港します。

4日目 本船出航

輸入フロー

FCL ( Full Container Load )

PROCESS 1

本船到着

本船到着後、コンテナが取り卸されます。
本船入港日が確定後にArraval Notice(貨物到着案内)が発行されます。

1日目 輸出通関許可

PROCESS 4

搬入確認

取り卸されたコンテナはコンテナヤードに移送され、搬入確認が行われます

2日目 搬入確認

PROCESS 3

輸入申告→輸入許可

コンテナヤード(CY)にて搬入確認された貨物は、Naccsというシステムに情報入力され、輸入申告を行います。輸入申告後、申告内容に問題がなければ輸入許可となります。税関検査になった場合、書類審査、エックス線検査、抜き取り検査・全量検査などが行われます。(検査になった場合、検査にならなかった場合と比べ輸出許可まで約1~2日多くの日程を要します。

3日目 輸入申告→輸入許可
輸入申告→輸入許可

PROCESS 4

配達

コンテナのままお客様のお手元へ配達致します。
(コンテナから貨物を取り出しトラックにて配達する場合もございます。)

3日目 配達

LCL ( Less than Container Load )

PROCESS 1

本船到着

本船到着後、コンテナが取り卸されます。
本船入港日が確定後にArraval Notice(貨物到着案内)が発行されます。

1日目 本船到着

PROCESS 4

搬入確認

取り卸されたコンテナはコンテナヤードに移送され、その後コンテナフレイトステイション(CFS)に移送されます。コンテナフレイトステイション(CFS)ではコンテナのデバンニング作業が行われ、各お客様の貨物ごとに仕分け後、搬入確認が行われます。

2日目 搬入確認

PROCESS 5

輸入申告→輸入許可

コンテナフレイトステイション(CFS)にて搬入確認された貨物は、Naccsというシステムに情報入力され、輸入申告を行います。輸入申告後、申告内容に問題がなければ輸入許可となります。税関検査になった場合、書類審査、エックス線検査、抜き取り検査・全量検査などが行われます。(検査になった場合、検査にならなかった場合と比べ輸出許可まで約1~2日多くの日程を要します。

3日目 輸入申告→輸入許可
輸入申告→輸入許可

PROCESS 6

配達

トラックに積込み、お客様のお手元へ配達致します。

4日目 配達